スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブル・ミッション

snd1.jpg
ダブル・ミッション

ジャッキー・チェンのハリウッド進出30周年記念作品だそうです。
30年か~長いなあ。。。
前作「シャンハイ・インシデント」は大阪ではどえらく辺鄙な映画館でしかやっておらず、見にいけなかったのですが(若い頃はどんな怪しい場所でもガンガン行けたけど、年取るとコワくなっちゃうのよね~)

吉田くんも言ってますが、56歳なんですよジャッキー。


さて今回の映画は、原題が「The Spy Next Door」と言いまして、CIAに出張(?)してきた、チョー有能な中国人スパイであるボブ・ホウ(ジャッキー)が、お隣に住む子持ちのアメリカ女性・ジリアンと恋に落ち、スパイを引退してフツーの結婚をしようとするところから始まります。
しかしジリアンの3人の子ども達は、こんなダッサいおっさんがママの再婚相手になるなんて絶対に許せない。そんな空気を痛いほど感じつつ、なんとか子どもらと仲良くなりたいゆえに子守りをかって出るも、引退したはずが再度CIAから仕事を依頼され、なんやかやでやがてこどもらも巻き込まれ・・・(お約束の展開ですw)

スパイものと言っても、どこかで聞いたようなテーマミュージック、あまりにまぬけなロシアンスパイ、お約束のスパイグッズ、と、アクション映画というよりは明らかにコメディです。ジャッキーもさすがにトシのせいか、これまではタテヨコナナメとすべての方向に、コマのようにビュンビュン動きまわるアクションが美しくカッコよかったのですが、この映画ではアクション控えめというか、うーんどうもやっぱキレに欠けてました。
ジャッキーアクションと言えば、「そのへんの道具を華麗に使って立ち回る姿」や「階段や壁をヒョイヒョイとこともなげに越えていく姿」がサイコーにカッコいいと思うんですが、今回はそういう姿もあんまなかったです。(いやあるんだけど、やっぱなんか迫力に欠ける気がするんだよねぇ~すごいことやってるんだけどねぇ。)

じゃあ退屈な映画だったかというと、これがけしてそんなことはなく、確かにアクション要素は差し控えられてはいましたが、ファミリーコメディとしてはスッゴク楽しい映画でした。何よりよかったのは、3人の子供たちの性格付けと、それぞれへのボブの関わり方です。思春期の長女、学校ではいじめられっ子の長男、天真爛漫でまだまだ赤ちゃんっぽい末っ子。ボブははじめめちゃくちゃ嫌われてるんだけど、やさしさと忍耐でちょっとづつ子どもらに近づいていくのですが、それはそれぞれの子供たちが最も望む男性の姿になってるんです。

snd2.jpg

どの子を特別扱いするのではなく、三人三様に触れ合うエピソードがまんべんなくていねいに描かれていて、子供らがボブをだんだん好きになる理由がよくわかる。特に長女とのふれあいが素晴らしいです。ボブが父親として加わることによって長女の孤独は共有され、家族としてしっかりまとまれるんだろうなあという感じがしてとてもいいです。

もうね、ストーリーは読めてるの。予定調和なの。お約束なの。でもいいの。だって楽しいし泣けるしほのぼのするんだもん。
笑って泣いてハッピーエンド。やっぱりこういうのが一番好きだなあ~。
映画冒頭で映し出されるジャッキーの過去の作品でのカッコイイ姿(スパイとしてこんな活躍をしてました、的な・笑)、毎度お約束のNGシーン集も楽しいです。
考えてみれば、昔のジャッキーの映画ってコミカル路線であってもヤマ場のアクションシーンでは、めちゃめちゃシリアスな表情で敵と組み合ってたよなあ。悲しみとかつらさとか怒りとか、そういうのが込められてたことが多かった。ハリウッド進出後はそういうのはあんまりないような気がするな・・・
今回はさらに、(スパイたちがあんまり悪くないんでw)残酷なシーンも一切なしです。
TVで放映されたらぜひご家族でどうぞ♪



末っ子に振り回されるやさしいパパっぷりを演じてるジャッキーを見てると、「私生活では女性関係が派手で奥さんを苦しませ続けて、そのせいでいまだに息子さんからすごく嫌われてる人にはぜんぜん見えないよな~」とちょっと複雑な気持ちにもなってしまいました・・・
ま、それは映画には関係ないことだからね。
ジャッキー映画次の公開作品は、なんとあの「ベスト・キッド」のリメイク版です!ジャッキーはあのミヤギお師匠さんの役です!えー!と思ったけど、これがなかなか評判がよいらしいのです。楽しみだ~!

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。