スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしのアリエッティ

arie2_convert_20100820102721.jpg

借りぐらしのアリエッティ(公式サイト)

原作が英国の児童文学だってのがちょっとソソられたので見てまいりました。

とにかく背景がとってもとってもとってもきれいです。
アリッティが初めてお父さんと「借り」に出かけるシーン、
小人たちにとってはとても巨大な人間の家の中(裏側)を、獲物もとめて移動していく場面では、
彼女たちにとっていかに人間の家が大きいか、
そしてその中をアリエッティのお父さんがいろいろ工夫して移動しやすくしてる工夫、
とてもドキドキするやら感心するやら、細かい背景がとても素敵。
豪華なドールハウスもとてもきれいで、アリエッティもお母さんもすごく憧れてたけど、
わたし的には住人の手が入ったアリエッティのおうちのほうが、とっても魅力的でした。

しかしそういう背景がとても丁寧できれいでかわいくて魅力的だったのに、
アリエッティと人間の少年・翔とのふれあいがイマイチ少なくてあっさりしすぎ。
滅び行く種族と、死に近づいている少年、
共通点があるのはわかるし、アリエッティの存在が翔に勇気を与えるのもわかる。
しかしもうちょっと2人が関わりあうエピソードが欲しい。
お手伝いさんがなんであんなに小人を捕まえたがるのかも理由不足だし。
(単に見世物にしたいだけ、にしてはそんなに悪そうな人でもないんだよな。人間なんてそんなものといわれればまぁ、そうなんだけど)

志田未来ちゃんも神木くんもよかったです。
しかし一番よかったのはアリエッティのお父さん。
ビジュアル的にもかっこよかったですが、三浦友和さんの声がめちゃめちゃよかった。
ドラマやCMで友和さん見るたび、いい声してはるよなーって思ってたんスよ。
静かでクールで、感情が表に出ないところがスッゴクいいんですよねぇー。
それでいて、今回のこのお父さん役では、紳士的な優しい雰囲気がちらっと出てて
すっごくかっこよかったです。
物静かで家族思いで手先が器用で働き者の声の素敵なおとうさん。う~んテラカッコヨスvvv
めっさわたし好みのタイプでした(笑)

テーマ: 映画感想 - ジャンル: 映画

Comment

tallulah #FrUoCQUQ

nishifunakanamonotenさま

みさき公園!がんばってますよね~!エキスポランドも宝塚ファミリーパークもなくなっちゃった今、大阪近郊の遊園地といえばもう、みさき公園とひらパー、生駒山上くらいなもんですもんねェ。
ジブリ美術館、この夏行けばよかったなあと今反省しています。そう考えると実に無計画な1週間を東京で過ごしてしまいました(^^;

>そうそう!なんとなく思ってたことを文章化していただきありがとうございます。

おお!同意してくださってありがとうございます!
アリエッティの監督さんが「ボクはあんまり言いたいことがない人間なんで」とかインタビューで言うてはって、え~でもやっぱなんかあるはずだよな~とずっと考えてたんですが、やっぱタイトルが全てを語ってる感じですよね。「かりぐらし」という音を聞けばすぐに「狩り暮らし」だとおもってしまう 。
アリエッティのお母さんの「お砂糖をひとつ」、というリクエストに対してほんとにひとつしか持って帰らないシーンでは、「折角なんだからもう一つ持って帰ればいいのに」と思っちゃったんですよわたし。でもそれは「借り」ではなく「狩り」の発想なんですよねぇ。
「狩り」は自分のものになるんだからもっともっとたくさん欲しい、と思っちゃうけど、「借り」はいつか返さねばならないと思うと、できるだけ少しにしておこうと思いますもんね。
人間はどこかで勘違いして狩りまくってて、もう返せないとこまで来てしまったのかもしれません(そのツケが今年のこの猛暑かも~!)

>青いしましまシャツの少年

タンクトップのボクちゃんでしょうか?お絵かきがお好きなのかしら?目の前でプロが描く迫力を見られるのはすごく楽しかったでしょうねえ!!
ウチの娘はいまだに「弟が欲しい!産んで!」と言ってきます(笑)いやわたしも息子欲しかったけど、もうムリだってww

2010/08/27 (Fri) | URL | 編集

nishifunakanamonoten #-

大阪ではなんば、梅田、天王寺、宝塚、高野山、みさき公園プール・・とあっちこっち行ってえらく日焼けしてしまいました。
ジブリ美術館は予想外に楽しかった~東京に来られる際はぜひお薦めします!
>「借りぐらし」って、そうかー、わたしら人間もホンマは所詮、地球を「借りてくらしてる」んだよなあと思い至りました。土地も水も熱も野菜も肉も全部「借り物」であって、「「自分らがうみだしたなんて思うのは傲慢なんだろうなあ」と。
そうそう!なんとなく思ってたことを文章化していただきありがとうございます。
15日に天王寺のmaya maxxさんのイベントに行きました。真ん中の右の写真の青いしましまシャツの少年はうちの息子です。
http://www.mayamaxx.com/japanese/?p=1932

2010/08/26 (Thu) | URL | 編集

tallulah #FrUoCQUQ

nishifunakanamonotenさま

お里帰り楽しまれたでしょうか~?(^^)

>子どもがトトロや魔女の宅急便を何回も見ているのでジブリ美術館に連れて行ったら

魔女宅、ウチのダンナの一番のお気に入りジブリ作品です(どうでもいいことですが・・w)
ジブリについてはなんやかんやとよく文句を言ってるわたしですが(笑)、「コナン」と「ラピュタ」はめちゃめちゃ好きなので、ジブリ美術館の屋上のロボット兵だけは見たいなあとずっと思ってるんですが、どうも娘がジブリにはまることがなかったので、なんか行く機会を失ったまま今に至っています。

>藤原竜也くんはインディアンみたいだった。

今回の藤原くんはよかったですね。スピラーは「コナン」のジムシーみたいで、ああ宮崎駿だなあってデザインでした。バッタの脚のシーンと、その後スピラーがアリエッティにベリーをプレゼントしてテレてるのがめちゃめちゃかわいかったです。

>その後手塚治虫の「三つ目がとおる」を読んでいると何度も「人間は滅びるんだ」と書いてあり

三つ目がとおるはアニメでしか見たことがないのですが、そうか、そういうことを言ってるのですね。
アリエッティのなかで翔がズバッと「君たちは滅び行く種族なんだよ」って言ったのは子どもっぽい意地悪なんかも含めていったんだと思うんですが、それでもなんかショッキングでグサッと来るものがありました。
結局この映画でジブリが言いたかったことはなんなのだ、と、見た後なんやかんやとしばらく自分の中で租借していたのですが、
「借りぐらし」って、そうかー、わたしら人間もホンマは所詮、地球を「借りてくらしてる」んだよなあと思い至りました。土地も水も熱も野菜も肉も全部「借り物」であって、「「自分らがうみだしたなんて思うのは傲慢なんだろうなあ」と。
アリエッティたちは勝手に拝借していくけど、苦労して人間界に来るわりには、必要最低限しか持っていかないんですよね。なんとルールをよく守ってることか。そう考えると人間は欲張りすぎでムダばっかで(わたしなんかはその筆頭)、
手塚治虫が言う「人間は滅びるんだ」ってのは予言なのかもしれないですねぇ。

2010/08/26 (Thu) | URL | 編集

nishifunakanamonoten #-

アリエッティ観ました。
もともとジブリに興味はなかったのですが、子どもがトトロや魔女の宅急便を何回も見ているのでジブリ美術館に連れて行ったら、宮崎駿の技術と知識と仕事量すごさに圧倒されてしまいました。
背景の緑は毎回素晴らしいです。
藤原竜也くんはインディアンみたいだった。
新聞の広告には「滅びゆく種族なんだよ」の言葉が載っていたのでこれが今回一番言いたいことだったのかな?と思ってました。
その後手塚治虫の「三つ目がとおる」を読んでいると何度も「人間は滅びるんだ」と書いてあり、ああ人類はいつかは滅びるんだな、と実感した気温38度の夏でした。

2010/08/25 (Wed) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。