スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男と女の間には

深くて長い川がある。

昨日の記事について書き込んでいただいた、ショコポチさんのコメントにお返事を書いてて、
書き足したかったんだけど、字数制限で泣く泣くかけなかったことをここに。

ちょっと前にダンナと話をしていて、「相談話(=グチ話)」についてどう返事をするか、という話題になり、

たとえばダンナがわたしに何か相談(仕事のグチとか)をしたとします。
わたしは「ふんふん。ふんふん」と、
ひたすら全ての話に相槌を打ち、
賛同し、
ダンナの正当性を肯定し、
酒を飲み、
つまみを食べ、(この辺は関係ないか)
問題の人物を攻撃し、
排斥し、
そんな人はクビになっちゃえばいいのにねえーと、呪いの言葉を吐き、
ダンナをねぎらい、
そしてダンナが満足するまで、
ただひたすらダンナを<特大><太><色:#ff0000>全肯定し、話を聞き入れるのです。

(数ヶ月前にこういう経過で居酒屋で5時間近くいた)

しかしわたしがダンナに、たとえばPTAのことや理解しがたい人の話をすると
ダンナは、

<太><特大><色:#000000><色:#ff0000>やたら解決策を出したがる

のですよ。
それはああだ、とか、
それはそうじゃない、とか、
こうすればああなる、とか、

しかもどれもが実現には無理があり。

たぶん大多数の女性は、誰かに悩みやグチを言うとき、
解決策を求めてるというよりも、
ただ、話を聞いて欲しい。
自分の意見を、頷きながら、肯定して、
キミは悪くないよ、よくやってるよ、と、
言われたいだけなのです。
こうしてみたら?とか言う意見ももちろん大事ですが、それも
「わたしの言い分を全て肯定した上で」の提案であって欲しい。
(否定があるならそこはうまく取り繕って処理せよ)
基本的には、

<色:#ff0000><太><特大>黙って話を聞いてもらえればほぼ満足。
なのです。
相談相手に求めてるのは、それだけなのです。

という風に言いましたところ、ダンナは驚き、

<特大><太><色:#ff0000>解決策を求められてると思ってた。

と、のたまいました。

どうりで、ダンナに相談しても、スッキリせず、
むしろ、<特大><色:#ff0000>話す前よりムカつくはずです。



Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。