スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UP CLOSE / Eric Johnson

2010年ももうあとわずかとなりました。
今年1年間このブログを見てくださったみなさま、ありがとうございました。
来年もぼちぼち続けていこうと思います。お時間のあいたときにでもお付き合いいただければ嬉しいです。

大掃除はもう途中放棄として(オイオイ)、年賀状は先ほど無事やり終わりました。
あと今年中にどうしてもこれは書いておきたい!!眠いけどがんばるわ王子!




Eric Johnson王子新譜です。実は日本盤が出るまで待とう予約をずっとガマンしてたんだけど、どうも出る気配がない・・・
そうこうしてるうちにアマゾンでは値段が1000円近く上がったので、「もういい!日本盤出たら出たまでのこと!」と、ネットで安価を探して、タワレコで1800円で予約しました。ハァ、いったいなにをやってるのやらわたし。
まぁ結局、日本盤は出る様子まったくなしなので、発売日に買えてことになるのでこれでよかったんです。いや、日本盤が出ないのはよくないのですが・・・なんか来日が遠のいた予感がするよ王子・・・

それはともかく、5年ぶりの新作です。
前作Bloomはわたしはとても好きなんだけど、どうも世間からの反応はイマイチだったらしいのが気にかかってたので、さて今回はどうなのか・・と少々気を揉みながらプレイボタンを押すと・・・

これがもう、めっちゃ素晴らしい!!いやもうこれに文句言うヤツぁおらんやろ!?
王子らしい多国籍っぽいインストゥルメンタル「AWAKEN」に続いて、
キター!「FATDADDY」!!キタコレメッチャカッコエエやんかー!!もう一聴して改めて惚れ直す素晴らしくカッコイイメロディー!ギターワーク!!メチャメチャかっこいいよ!CSIでかかってもピッタリかも!(笑)
「BRILLIANT ROOM」タイトルどおり非常にブリリアントなギターが光ります。なんとなくAlian Love Childっぽいなあと思ったんですが、作曲クレジットにMaddoxとあるので、Alian Love Childのステキドラマー、ビル・マドックスとの共作のようです。だからAlian Love Childぽいのかも。出だしの声が王子っぽかったのですが、聴きすすむと声が違う。王子のライブではよく歌ってるおなじみMalford Milliganでした。でもライブで聴くときよりちょっと声があっさりめなカンジでイイです。
「TEXAS」正統派どブルースでちょっとビックリ。ギターにJimmie Vaughan!(キャー!)そしてボーカルはSteve Miller、とメチャメチャゴージャスなゲスト陣です。
「GEM」キター!Ktkr!!王子テイスト120パーセントのキラッキラナンバーたまりませんね~いや~ほんま王子ファンでいることの幸せをしみじみ感じる曲です。高低差が美しいキラキラギター、そしてそのバックにさり気に流れる、王子のバックボーカルがさざ波のようでロマンチック度を増しています。たまりません。夜の海辺で聴きたい。人魚姫が誘われて出てきそうだわ~。
「TRAVERSE」をはさんで「AUSTIN」これまた出だしの声が王子っぽいハスキーボイスなのだけど、聴き進んでいくとアレ違う人の声だわコレ。Jonny Langなのでした。男っぽいけど汗くさくはないナンバーで、そういうのは王子の特徴だと思うのよね。見た目に反して(?)結構男っぽいメロディとか書くんだけど、体育会系にはならない。文科系なんだけど男っぽいのよね。
「SOUL SURPRISE」も王子特有の雄大さを持つメロディー&ギターフレーズのナンバー。さり気に入るピアノのセンスが好きです。王子のピアノの使いかたってちょっとデヴィッド・ボウイを思わせるときがあるんですよ。その辺ヨーロピアンなセンスの持ち主なのかなと思ったり。
「ON THE WAY」陽気でかわいらしいカントリーナンバー。王子こういうの好きですよね。
「ARITHMETIC」はいここに来てようやく王子のボーカルナンバー。出だしの晴れやかな声がキューンとハートを直撃です。いや~今回はゲストボーカリスストが多いと聞いてまして、まぁそれはそれかと思ってたんですが、でもこうやって他のボーカリストを聞いた後に王子の声を聞くと、ああやっぱり王子がボーカルとるのが一番よ!と再認識しました。自分で思ってる以上にわたしは王子のボーカルが好きだったのね。特に♪The passennge in this life・・・~ンとこからなんかたまりません。王子のこういうメロディの上がり下がり方がすごく好きだ。
壮大で異国情緒風味な味付けが王子らしい「THE SEA AND THE MOUNTAIN」に続いて
「VORTEXAN」ブギー調の軽快さがカッコイイ。ちなみにVORTEXANは王子のセルフ?レーベル名。そう、どうも今回は日本盤が出なさそうだと気づいたのは、今回のアルバムが王子のこのセルフレーベルから出てるということに気づいたからなのです。ちなみに前作BloomはFavored Nationsってレーベルで、これはスティーヴ・ヴァイのレーベルだそうで。でもBloomは日本盤がソニーから出たんですけどね。知名度の差がここに出てるのか。ウーン。
「A CHANGE HAS COME TO ME」このアルバム2つ目の王子のボーカルナンバー。王子のギター、声はもちろん、メロディ自体耳にやさしい、心地よいナンバーです。こういう曲を聴くと王子って、ソロギタリストにありがちな小難しいことをしたがらず、ストレートにポップで美しい曲を求めてるミュージシャンだよなあと思います。
「CHANGE - revisited」で戻ってきて、ラストは「YOUR BOOK」。王子の亡くなったお父様のことを歌った曲なのだそうですが、これがまたラストを飾るに素晴らしい曲!!なんと言うかなあ、手触りがすごく柔らかい曲なんですよ。

もうメチャメチャ気に入ってて、毎日聴いてるんですが、
ギタリストとしてもちろん好きだけど、わたし個人的にはしみじみ、王子の書く曲自体が好きだなあと再認識したアルバムでした。
そりゃそうよね、いくらギターの音やフレーズが好きでも、曲自体が好みじゃないとファンにはなれない。
王子が提供してくれるポップさ、美しさ、多彩多様さ、どれもたまらん好きですが、なによりメロディ、フレーズともに聞かせてくれる高低差が大大大好き昇る、降りる、あのクリーミーさ、たまらないです。
高音をカンッといれてもうるさくならずむしろうっとりさせられるんですよねぇ~

Venus Isleに近い路線ときいてたのですが、わたしはSeven Worlds、 Alien Love Childっぽいなあと感じました。
なんにせよ素晴らしく楽しませてくれるアルバムです。王子ファンのわたしはほんと幸せ者です。大好きだ王子!生まれ変わったら王子になりたい!!
(でも紙ジャケットは扱いづらいです王子。あとジャケ写に普段着(しかも半袖)はいかがなものかと…(^^;

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。