スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Happy Birthday,Mr.Dave Davies!!

2月3日は英国ロック界最高のイケメンギタリスト、デイヴ・デイヴィスさんのお誕生日です!
レイと3つ違いの47年生まれだから、今日で64歳。
お誕生日おめでとう、デイヴ!

dd1971_convert_20110204001504.jpg

デイヴ@1971。ヒゲに覆われても美形は美形であると証明するかのような写真ですなあ(ヒゲデイヴ好きなんですよw)。

dd_convert_20110204001532.jpg
これいつの写真なんだろう??ギター教えてあげてるデイヴ、メッチャかわいいんですけど!!



すっっっっっごく素敵な曲でしょう?
デイヴのソロ作品なのですが、この曲聴くとホント、ああやっぱりレイとデイヴは根っこが一緒なんだなあと、しみじみ思わせられちゃうんですよ。
タイトルの「Fortis Green」はレイとデイヴの生家があった場所でして、デイヴの少年時代のことを歌ってるのがまたねぇ、ほのぼのというかしみじみというか、ヨイのです。
(詞の中に、お父さんやお母さんやお姉さんのことは出てくるけど、兄貴については触れられてないのは気になりますが・・・(^^;
わたし、こういう曲調がホント好きなんですよ。キンクスのパイ時代のベスト盤を聴いたときは「これだっ!」って思ったの。
あれはホントにもう、探してた場所をガッ!って見つけた気分だったなあ。


浮かんでは消え、浮かんでは消えしてたキンクス再活動も、まぁほぼ可能性はないであろうとわかってはいるのですが、
こんなふうに、同じ環境で育ってセンスもハンパなく共通してる(というか、感性がかよい合ってるってカンジするんですよねぇ)証明みたいな曲を改めて聴くと、なんでなんかなあ、なんで一緒に音楽できへんのかなあ、と不思議に思ったり悲しく思ったりしてしまうのですが、
でもまあ、贅沢は言うまい。ピートが他界してしまったことやデイヴ自身も2004年に脳卒中で倒れてることを思えば(あの時はホントにダメなんじゃないのかと思った)、それぞれ別でも音楽活動してくれてることは、ファンにとってはやはり喜ばしいことです。
デイヴの64歳が素敵なことに満ちた1年でありますように。。。

テーマ: 洋楽 - ジャンル: 音楽

Comment

tallulah #FrUoCQUQ

nishifunakanamonotenさま

こちらこそよろしくお願いしますー。
70年代デイヴ、カッコエエですよねぇ~~vv
60年代デイヴはキラキラ王子様、70年代デイヴはこれぞロックギタリストゥ!!っちゅうカンジでめちゃめちゃイケてると思うんですよー。
デイヴの持って生まれたアイドル性はスゴいと思うんですけどねぇ。なんでこのころ広く人気が出なかったのか不思議です。
あっ兄貴の音楽性のせいか(笑)

>あのロン毛パーマに何度もチャレンジしましたが、東洋人には無理でした。

西洋人と東洋人では根本的に髪質が違うんでしょうねー。
わたしはその昔、ダリル・ホールの髪型がめっさかっこいいと思ってましたw若さと流行がわたしを惑わせてたのでしょう(笑)

>この曲は兄貴が書いたの?って感じですね。

ですよねーですよねー♪音楽的に影響を受けたところや好きなところが根本的に一緒なんだなあって気がします。似すぎててケンカになってしまうのでしょうか(´・ω・`)ショボン
こうやって聴くと、声も似てますよね。この、鼻にかかり具合が(笑)

2011/02/23 (Wed) | URL | 編集

nishifunakanamonoten #-

tallulahさま、今年もよろしくお願いいたします。
70年代のデイヴは本当にかっこいいです~あのロン毛パーマに何度もチャレンジしましたが、東洋人には無理でした。
この曲は兄貴が書いたの?って感じですね。

2011/02/22 (Tue) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。